タイムアウトニューヨークが選んだ100本の青春映画からタイムアウト東京が紹介する50本


タイムアウト東京で、「『The 100 best teen movies of all time』と題して、タイムアウトニューヨークで100本の映画が紹介された。タイムアウト東京ではその中から50本を選び紹介する」という『心に残る青春映画 50』という記事を発見した。どうして100本から50本にしたのかとか、どういう基準で絞ったのかとかわからなかったけど、気になる!ってことで比較しやすいように表にしてみた。

順位 Timeout NY JP
1 Mean Girls ミーン・ガールズ
2 Clueless クルーレス
3 The Breakfast Club ブレックファスト・クラブ
4 Heathers ヘザース/ベロニカの熱い日
5 Rushmore 天才マックスの世界
6 Dazed & Confused バッド・チューニング
7 Ferris Beuller's Day Off
8 10 Things I Hate About You
9 Cruel Intentions
10 Bring It On チアーズ
11 Superbad スーパーバッド 童貞ウォーズ
12 Say Anything
13 Grease グリース
14 Empire Records エンパイア レコード
15 Juno JUNO/ジュノ
16 The Goonies グーニーズ
17 She's All That
18 Wet Hot American Summer
19 Fast Times at Ridgemont High
20 Brick
21 Dirty Dancing ダーティ・ダンシング
22 West Side Story ウェストサイド物語
23 Sixteen Candles すてきな片想い
24 Easy A
25 Romeo + Juliet ロミオ+ジュリエット
26 Ghost World ゴースト・ワールド
27 The Lost Boys
28 Election
29 The Last Picture Show
30 Weird Science
31 Pretty in Pink プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角
32 Drop Dead Gorgeous
33 The 400 Blows 大人は判ってくれない
34 Can't Hardly Wait
35 Hairspray ヘアスプレー
36 Dead Poets Society いまを生きる
37 Carrie キャリー
38 Pleasantville カラー・オブ・ハート
39 Save the Last Dance
40 American Pie アメリカン・パイ
41 Stand By Me スタンド・バイ・ミー
42 Bill & Ted's Excellent Adventure
43 Napoleon Dynamite ナポレオン・ダイナマイト
44 Quadrophenia さらば青春の光
45 The Virgin Suicides ヴァージン・スーサイズ
46 Saved!
47 She's The Man
48 Pump Up the Volume 今夜はトーク・ハード
49 Romy & Michele's High School Reunion
50 Teen Witch 魔女は16才(シックスティーン)
51 Gregory's Girl
52 Submarine
53 Rumble Fish ランブルフィッシュ
54 Back to the Future バック・トゥ・ザ・フューチャー
55 Lilya 4-Ever
56 The Princess Diaries プリティ・ブリンセス
57 Fish Tank
58 Thirteen サーティーン あの頃欲しかった愛のこと
59 Twilight トワイライト〜初恋〜
60 The Craft ザ・クラフト
61 Kids KIDS/キッズ
62 Freaky Friday
63 The Outsiders アウトサイダー
64 Donnie Darko ドニー・ダーコ
65 Show Me Love
66 American Graffiti アメリカン・グラフィティ
67 A Walk to Remember
68 Mermaids
69 Better Off Dead
70 Rocket Science
71 Meet Me in St. Louis
72 Almost Famous
73 River's Edge
74 Can't Buy Me Love
75 My Own Private Idaho マイ・プライベート・アイダホ
76 Battle Royale バトル・ロワイアル
77 Some Kind of Wonderful
78 Attack the Block
79 Cry-Baby クライ・ベイビー
80 The Perks of Being A Wallflower
81 Beautiful Thing
82 Summer School サマースクール
83 Mystery Team
84 Valley Girl
85 Animal House
86 Adventureland
87 Welcome to the Dollhouse ウェルカム・ドールハウス
88 The Princess Bride
89 Over The Edge
90 American Beauty アメリカン・ビューティー
91 Let The Right One In ぼくのエリ 200才の少女
92 I Know What You Did Last Summer ラストサマー
93 Varsity Blues
94 Mouchette
95 Just One of the Guys
96 Rebel Without A Cause 理由なき反抗
97 Risky Business
98 John Tucker Must Die
99 Scott Pilgrim vs. the World
100 Never Been Kissed 25年目のキス

元の100作と東京の50作を年代別に比べてみると下の表のようになる。

東京
1940~1960年代 5作 3作
1970年代 7作 4作
1980年代 29作 14作
1990年代 28作 17作
2000年代 26作 12作
2010年代 5作 0作

元の方は結構バランスよく年代が分かれているけど、東京の方は2010年代が1作品もない!『Easy A / 小悪魔はなぜモテる?!』『Submarine / サブマリン』『Attack the Block / アタック・ザ・ブロック』『The Perks of Being A Wallflower / ウォールフラワー』『Scott Pilgrim vs. the World / スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』の5作品ともこの記事がつくられた2015年には日本で公開・ソフト化されているのに。1940~1960年代のようにせめて3作この中から選んで、その代わりに1990年代から3作品減らせば、年代のバランスは取れることになる。だとしたらどれかな?って考えて、好きだけど『ラストサマー』『クライ・ベイビー』『カラー・オブ・ハート』の3つを『小悪魔はなぜモテる?!』『アタック・ザ・ブロック』『ウォールフラワー』の3つに交換かな。交換として考えたら、1980年代の『魔女は16才(シックスティーン)』『サマースクール』も別のと交換してもいいと思う。

今度は順位ごとの分布を見てみた。


上位の方が多くて、下位ほど少なくなっていく感じで選んだのかな?31位~40位でちょっと増えるのが気になるので見てみると、『プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角』『大人は判ってくれない』『ヘアスプレー』『いまを生きる』『キャリー』『カラー・オブ・ハート』『アメリカン・パイ』という並び。まあ、入れたくなるのはわかるものばかり。だけど上位でもれたタイトルを見ると、バランスも大事だけどやっぱりこっちのが大事だよって思ってしまった。『Ferris Beuller's Day Off / フェリスはある朝突然に』『10 Things I Hate About You / 恋のからさわぎ』『Cruel Intentions / クルーエル・インテンションズ』『Say Anything / セイ・エニシング』『She's All That / シーズ・オール・ザット』とかは、青春映画ということでは絶対に外せないと思う。

比べてみると、50本でも多いなと思うけど、まだまだ削れない作品があることがわかった。100本はきりがいいから今後もこういうまとめは節目ごとにつくられると思う。そうなると、過去の作品からどうしても削らなくてはいけなくなるんだよね。そうやってどんどん濃いリストができあがっていくんだろう。

iBoy ~イースト・ロンドンを舞台にしたシリアスな『Misfits』


イースト・ロンドンのペチコート・スクエア(Petticoat Square)という中庭のある集合住宅が舞台。高校生のトム(Bill Milner)が、片思いする同級生のルーシー(Maisie Williams)の家に行くと、ギャングたちがルーシーを襲っていた。逃げるときに銃で撃たれたトムの頭にはスマホの破片が残ってしまう。その後、イマジネーションでコンピュータを操作できる力があることに気付く。被害にあってから学校へ行けなくなったルーシーのためにトムは新たに得た力をつかって復讐をすることに……。ドラマ『Misfits / ミスフィッツ-俺たちエスパー!』をシリアスにしたバージョンという感じ。ロンドンの若者がうまくいかない日常の中で、特殊な力を得てやることは自分の日常をちょっと良くする小さな世界のお話。『Mr. Robot』と比べると、こんな簡単にハッキングできちゃうなんて夢物語だって思ってしまうんだけど、やってること比べたら『Mr. Robot』の方は世界規模だからな。


これのおもしろいところは、最初トム役にウィル・ポールターが配役されていたこと。ポスターまである。だけど実際に演じたのは、ビル・ミルナー。この2人は、初主演作『Son of Rambow / リトル・ランボーズ』で共演していた。この映画が好きだったので、意外なつながりにびっくりした。


だけど、いくら演技がうまいとはいえ、ウィル・ポールターがトムをやるのは合わない気がする。彼ならコンピュータを使ってっていう段階踏んだことする前に頭突きとかでやり返しそう。ねずみ顔の痩せたビル・ミルナーだからこそ、テクノロジーの力を武器に普段なら手を出せない相手と対峙するっていう話に説得力が出てると思った。あと、メイジー・ウィリアムズと並んだときのことを考えても、ウィル・ポールターとメイジー・ウィリアムズの並びは強そうすぎる。メイジー・ウィリアムズは普段は男勝りな剣士なんだけど、制服着ると今どきの女子高生に見えるリアルさ出しててすごい。


Netflix (ネットフリックス)

iBoy
iBoy
posted with amazlet at 17.02.23
Penguin (2010-07-01)
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...