Quand on a 17 ans / Being 17 / 17歳にもなると ~暴力・性・自立


子どもが大人になるときを描いた物語。シンプルなタイトルがわかりやすくてインパクトあっていい。ちょうど観終わった後に読んだ『いじめと不登校』(河合隼雄)にこの映画を説明するのによい話が出てきた。

自立することと性的なことは案外一緒に起こります。
河合隼雄 『いじめと不登校』 新潮社 2009年

どうして、トマ(Corentin Fila)とダミアン(Kacey Mottet Klein)は殴り合いの喧嘩をしたのか。嫌いなやつが気になるやつに……って話じゃない。どうしようもない思春期の爆発を暴力で処理していたって方がしっくりくる。だってダミアンがトマにどうして最初突っかかってきたのかを確認したときに、トマはダミアンのことが気になっていたと言っていた。しかもそれはダミアンがちらちらこっちを見てくるからっていうので、ダミアンはもっと前からトマが気になっていた。うまく口では言えなくて、暴力によるコミュニケーションしかできなかったところから、互いを理解し、自分を見つめ、受け入れて、覚悟を決めて、自立の一歩を踏み出す。忙しい家族のおかげで?子どもたちが自分たちで解決できる時間と場所を持てたのがよかったのかな。暴力はだめだというのが普通の見方だけど、命があるなら成長にとってよい方法だったのかもしれない。

They just can’t seem to communicate verbally, so they communicate via violence. Nothing is actually being communicated in that way, but they also can’t be prevented from engaging in this violence.
Being Téchiné: Five Decades Into a Great Career, the Auteur Opens Up | VILLAGE VOICE

この映画がゲイの青春映画って枠以上に広く観られることができると思う理由のひとつに、家族を描いた物語だからってのがある。それが2家族分もある。かなりの情報量なんだけど、肝心の子どもたちについては説明が少ないと感じた。ダミアンのあのダサいピアスだって、時々色が違うのはそういう石だからなの?とか、思い入れ強そうだけど何で?ってのはわからず。ダミアンの母(Sandrine Kiberlain)が夫と離れて寂しさから?トマに欲情するってのは知り得たのに。監督のAndré Téchinéだけでなく、Céline Sciamma(『水の中のつぼみ』『トムボーイ』)が脚本に加わっていることが、この複雑な物語のもとなのだろうか?

好きな場面は、トマに断られた後、ダミアンが出会い系を試して、その理由をトマじゃないといけないのかを知りたかったからってトマに伝えるところ。ダミアンのかわいい部分が特に出ていたと思う。ダミアンは軍人と医者という文化的に高い両親に大切に育てられて、反抗期はもう終わってるっぽくて、自己受容がだいぶできてるから落ち着いてるけど、一人っ子っぽい幼さがあって、ケイシー・モッテ=クラインのひょろっとしたねずみ系の見た目も相まってかわいい男の子。好きっていうのを素直にぶつけられる強さを持っている。対してトマは山奥の酪農家で養子として育ったという環境から、孤立していて、自信が持てない。ランチもシャワールームで隠れて食べる。自然の中にひとりでいるときだけ自分らしくいられる。コランタン・フィラは自信のないのが嘘だと思うくらい美形。このまま家族の話って感じで終わっていくのかなと思っていたら、最後ハッピーエンドでよかった。


ダミアンの部屋は自分のセクシャリティに自覚あるなってポスターで飾られていた。

Being 17
Being 17
posted with amazlet at 17.07.25
Strand Releasing
売り上げランキング: 87,597

Hjartasteinn / Heartstone / ハートストーン ~居場所がない生き辛さ


アイスランドの田舎が舞台。ほとんど徒歩移動だけど、家と家は離れていて、子どもが遊ぶ場所は港、グラウンド、たまり場になってる駄菓子屋みたいなところか家。何もなくて、あるのは自然。生き物の死が日常的に側にあって、かわいそうっていうよりももっと坦々と受け入れている。

そんな田舎に暮らす、幼なじみのソール(Baldur Einarsson)とクリスティアン(Blær Hinriksson)の話。ティーン真っ盛りというより足を入れたばかりという年頃。ソールの方は身体も小さく、まだ子どもっぽいけど、2人の関係だとソールの方が引っ張っていくタイプ。


ソールは、かわいいかわいい末っ子。姉2人がいたずらをしてからかいつつも、大事に守ってあげている様子がかわいかった。離婚してシングルマザーになった母親は、女手ひとつで3人の子を育ててきたが、最近自分の女としての価値を取り戻したくて男の人と遊ぶようになって、思春期の子どもたちはそれが気に食わない。だから余計に子どもたちが団結する。ソールはもちろんこの家族の問題も気にしているんだけど、どっちかといったら今は女の子のことに夢中。ソールがいい感じになっている女の子とうまくいって、その後の満ち足りた表情で歩いて帰ってる場面がよかった。


クリスティアンは、一人っ子。飲んだ暮れの父親と過保護な母親との生活はときどき息がつまってしまう。だからよくソールの家に遊びに行く。最近、ソールが女の子達と一緒に遊びたいってなってることは、別に嫌じゃないけど何か前ほど楽しくなくなったって感じ。ぱっと見はクリスティアンのが大人っぽいけど、ぼおっとしていて中身は頼りない。クリスティアンは、ソールに「普通にしてよ、そうしたら戻れる」と言われ距離を置かれてしまった。だけどクリスティアンにとって、この世界はソールなしでは生きられない場所だった。家も息苦しいし、他に友だちもいない。それ以外の選択肢はおじさんみたいに人から離れて農場をやることか。あとは、首都のレイキャビクに行くしかない。この田舎で許されないことも都会でなら可能だから。

これを観て、最初に思い出したのが、『Flocken』(Flocken / Flocking / フロッキング ~居場所のない社会)だった。同じく北欧の田舎での閉塞的な社会での生き辛さ。『Hjartasteinn』も、2人の男の子の物語というよりも、この社会全体について考えされられる部分の方が多く感じた。あんなに土地は広くてどこまでも自然があるんだけど、居場所がない。小さい人間関係の中で囚われてどうしようもできなくなっている。1人で抱え込むしかなくなって、行き詰ってしまう。レイキャビクに行くっていう選択肢だって、誰にでもできるわけではない。

びっくりしたのは「キスゲーム」って鬼ごっこのタッチがキスっていうゲームを12~14歳くらいの子たちが日常的にやってるってこと。暇だとそういう遊びをするのかな?その延長で「結婚ごっこ」もやってた。

ソールは、この田舎でも姉たちがいるから生き延びられそう。彼女たちはソールに知恵と強さを分けてくれる。だけど、10年後とか、大きくなってからソールがレイキャビクに行って、都会で自信を取り戻したクリスティアンと再会する将来があったらいいなと妄想してしまった。そしたら今度はソールは田舎者だからクリスティアンのがリードして……。


バルドル・エイナルソンはつんととがった鼻が特徴で、睫毛がグラデーションになっていてとてもきれい(地毛はプラチナブロンド?)。こんな小さい子のこんなところまで撮っていいの?と心配になりながら観ていた。素人っぽさがうまく活かされていたと思う。


ブラーイル・ヒンリクソンはヨーロッパっぽい美少年。彼のインスタ見たら、小さいときからハンドボールの選手だったようで、何で演技をやろうと思ったのか気になった。


画像検索していたら、キャストが違うんじゃない?って写真が出てきたんだけど、これは何なんだろう?監督はショートムービーを多くやってて、これが初長編だから、その前に試験的につくってたのかな?キャストはアイスランドで公開オーディションで集められた子どもたちで、決まるまでに10ヶ月のワークショップをしたそう(Iceland’s Next Generation of Filmmakers Gains New Entrant in Guðmundur Guðmundsson With Debut ‘Heartstone’ | variety)。その間にだいぶ育ったということで、その前のものとか?




このポスターは『Weekend』っぽい、いい雰囲気のデザイン。

Before I Fall ~同じ日を繰り返す中で成長する少女


事故に遭って命を落としたと思ったら、目が覚めるとまた同じ一日を迎えることになった17歳の高校生サマンサ(Zoey Deutch)の話。何度目覚めても同じ日を繰り返すというのは、記憶喪失ではなくて、ファンタジー。前日に何をやったかの記憶はすべてあるのに、ループから抜け出せなくなってしまった。だから、事故に遭わないように色々試す。車に乗ったのがいけなかった?パーティに行ったのがいけなかった?でも何をやってもまた同じ朝を迎える。やけになってサマンサは目の周りを真っ黒にして過激な服を着て反抗的な態度に出る。親は心配するし、友だちに厳しいこと言って関係悪くなっちゃうし、恋人とは別れた。そして、違った視点から自分のこれまでの行いを振返る。そうしたら、自分がどんなに家族の愛を受けていたか、友だちもみんな完璧じゃなけいど大切な存在であること、今まで無視してきた人たちにもそれぞれの想いがあることなどを理解する。そして、この繰り返しを終える方法を思いつく。

同名のヤングアダルト小説が原作であるこの作品は、ティーン向けっぽいあま~い部分にちょっと気恥ずかしくなるようなところもあるけど、ゾーイ・ドゥイッチの安心感のある演技に引っぱられて、観終わった後はいい気分になって考えされられるようなところがあった。なんといっても、私の中で、ゾーイ・ドゥイッチといえば、リー・トンプソンとハワード・ドゥイッチ監督の娘で、2人は『恋しくて』で一緒に仕事をしてて、『恋しくて』は私の好きな80年代青春映画のひとつでもあるから思い入れが強い。ゾーイは見た目からもお母さんのリー・トンプソンにそっくりで、リー・トンプソンも当時から老けてるなって想ってたけど、ゾーイも女子高生に見えない貫禄がある。この物語の中で強すぎるでしょと思いながら見ていた。


話が『恋しくて』に飛ぶんだけど、その前に『プリティ・イン・ピンク』の話を出さないといけない。私は『プリティ・イン・ピンク』のダッキーが大好きで、でもダッキーは報われない。その報われないのを『恋しくて』では女の子の役にして報われるようにしたというのを知ってから、ますます『恋しくて』が好きになったところがある。そして、今回、サマンサのことを想っているケント(Logan Miller)は見てすぐ「ダッキーの立ち位置」だと思って悲しくなった。私はローガン・ミラーも好きなので。そうしたら、『恋しくて』の2人の娘のゾーイが、そんな彼の気持ちに気づいてくれた!天使!他にも、女子同士のいじめや、処女喪失問題など学園物語で扱われることが多いテーマを、ゾーイが解決していく様を見ていく物語なのかと思った。


同じ一日をやり直すことは普通できないんだけど、もしもそういうトレーニングがあるとしたら、こうやって少女は大人になっていくんだというのがよくわかった。ひとつの問題に対していろんな角度から対処してみたり、問題自体を考え直したり、そうやって試行錯誤しながら成長する。日々いろんなことがあるとそれにじっくり取り組むことが難しいけど、こうやって同じ一日をトライ&エラーできれば、確実に成長できるんだとわかった。


ゾーイの親友リンゼイを演じたHalston Sageは、いじわるな役が結構はまってた。


ローガン・ミラーかわいい。


最初の方に流れるGrimesが雰囲気にあっていてよかった。

Before I Fall (Blu-ray + DVD + Digital HD)
Universal Studios Home Entertainment

Before I Fall: The official film tie-in that will take your breath away
Lauren Oliver
Hodder Paperback
売り上げランキング: 33,889
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...