Atypical / ユニークライフ ~兄妹かわいい


シーズン1は全8話。短く感じた。主人公が自閉症スペクトラム障害ということは考えすぎずに、家族の物語、10代の男の子の成長物語として観る方があっていると感じた。このドラマを観る前に、ドキュメンタリーや本で関連したものを観ていたこともあって、家族の様子や本人の考えることなど、少し予備知識があったからかもしれない。

それぞれ人ごとに感想をまとめていく。

サム(Keir Gilchrist
女の子とのデートに興味をもったことがきっかけで、だんだん社会参加するようになる18歳。こういうキーア・ギルクリスト観たいっていうわかりやすい役柄。繊細で、人付き合いが苦手で、女の子にいい具合に尻に敷かれている優しい男の子。


母・エルサ(Jennifer Jason Leigh
母親業から解放されたい願望が強いけど、子離れはまだ寂しい感じ。ジェニファー・ジェイソン・リーはイメージにぴったり。カースト上位でも内面は真面目でちょっと隙もある。自分がかわいいこと知ってても嫌味にならない清潔感はさすが。

父・ダグ(Michael Rapaport
息子との付き合い方がつかめなくて、運動ができる娘との方が楽。だけど息子と男同士の話をできるようになってから、自信を取り戻してきた。いい感じの空気読めなさが、マイケル・ラパポートの白熊みたいな見た目とあって、ゆるキャラポジション。

妹・ケイシー(Brigette Lundy-Paine
1年生だけど学校の陸上選手の中で1番。家の中でどう頑張っても自分が優先順位1番になれないことを納得しちゃっているのか、陸上命。兄のことをうっとおしいがりながらも自分が守ってあげないとってしていたり、強がっていても甘えたり、ギャップがかわいい。ブリジット・ランディ=ペインの中性的な見た目もこの役柄にあっている。


ザヒード(Nik Dodani
サムのバイト友だち。同じ学校じゃない。人生経験豊富な先輩としてサムに色々アドバイスする。いい意味でサムに気を使ってないところがいい。これくらい押しが強いウザさじゃないとサムとやり合えないのかも?

ペイジ(Jenna Boyd
サムの学校の生徒。ペイジの方からサムに声をかける。お節介が度を越すこともあるけど、サムのことを理解しよう、歩みよろうとした初めての同年代の女の子なのかな。


エヴァン(Graham Rogers
ケイシーが助けた子の兄として知り合う。サムたちの学校を退学になって今は別の学校に行っている。グラハム・ロジャーズの見た目が『アメリカン・ホラー・ストーリー』のエヴァン・ピーターズに似てて(役名もエヴァン)それだけで好印象。エヴァンは自分が理不尽な目にあったことがあるからか、“普通”みたいな型にはまらないところがいい。

兄妹かわいい


【関連して観たもの】
Life, Animated / ぼくと魔法の言葉たち  (2016)
ディズニー作品がきっかけでコミュニケーションできるようになった男の子のドキュメンタリー。学校を卒業して自立の一歩を進む様子が描かれている。ディズニー作品への愛がすごくて、大好きなキャラクターの声優さんにサインをもらう場面とか最高によかった。

Asperger's Are Us / アスペルガーザらす (2016)
自閉症スペクトラム障害のメンバーだけで構成されたお笑いグループのドキュメンタリー。自閉症の子どものためのキャンプで1人はサポーター、他は参加者として知り合ったメンバーたち。年齢、家庭環境などを超えた友情物語。

Louis Theroux: Extreme Love - Autism / 愛と闘病:自閉症 (2012)
アメリカにある自閉症のための学校を中心に取材したドキュメンタリー。小学生から高校生まで幅広い年齢の子どもたちを取り上げていた。家族の様子も詳細に映されていて、ドラマとは違った現実が見える。

La llamada / ホーリー・キャンプ! ~女の子を元気にするミュージカル


今年観た中で1番好きな女の子映画かもしれない。「とりあえずやってみる。後悔とかもやってみないことにはわからない」というポジティブなメッセージを、明るく軽いテンションで、ホイットニー・ヒューストンの曲に乗せて描く。

10代の女の子マリア(Macarena García)とスサナ(Anna Castillo)は、教会のサマーキャンプを抜け出してクラブへ遊びに行き、お酒を飲んで薬もやる。“みんないい子たち”の中の問題児。そんな彼女たちを特別指導するために、革新的なシスター・ベルナルダ(Gracia Olayo)がやってきた。こういう展開だと、先生が体当たりで子どもにぶつかって、何かためになる良いことを言って、不良たちを更生させるのかなって想像したら、ベルナルダは音楽の力を信じていて、歌と踊りで立ち直らせようっていう、革新的が思っていた以上に変な方を向いていた。そこからはもう、かわいい!楽しい!笑!泣……って感じでどんどん進んでいった。音楽がいい切り替えになるし、歌詞でうまく説明していたのがよかった。

ベルナルダの扱う音楽が道徳的でお遊戯みたいなものだったから、若いシスター・ミラグロス(Belén Cuesta)からは、現代っ子の彼女たちにこの曲では無理だと言われてしまう。ミラグロスは、何か事情があって若くしてシスターの道に入ったよう。今を生きる若い2人に刺激され、かつての思いをよみがえらせて、自分の進む道に迷いを抱くようになる。そんな悩みを抱えたミラグロスと、自分のプログラムに自信をもっているベルナルダが歌う「Eres mi religión」って曲がすごく楽しかった。


マリアとスサナの友情と成長の物語もぐっとくるものがあった。これまでずっと一緒にいて、同じもの好きになって、同じように行動してきたけど、ちょっとしたことですれちがいは大きくなって、離ればなれになってしまう。今までと違うように過ごすと、違うものが見えてくる。そうして新たな世界が開かれ、大人への一歩を進む。

ひとりで思いつめて苦しんでいたことでも、相手にすっかり話してしまえば、自分が考えたように相手も同じ気持ちになってわかってくれる。それだけの時間を一緒に過ごしてきた親友の大切さにも離れたからこそ気づくことができた。真面目でしっかりしたマリアと人懐っこくて軽いスサナの印象も、だんだん見ていると、初めてのことに怖がるマリアをどっしりと支えるスサナっていうように色々な部分で2人がうまく機能していることがわかってくる。最初はチャラい不良って思っていたのに、2人ともいい子でかわいいって思うようになった。

クラブの大勢の客のなかで2人の女の子が自分たちだけのダンスをするシーンが好きすぎる。若い無敵感。


2人のユニット曲のタイトル「Lo hacemos y ya vemos」がこの映画の主メッセージだと思った。

この話はほぼ4人の女性キャラクターたちだけで描かれるんだけど、元々は舞台から始まったということを知って、なるほどなと思った。彼女たちの世代の違いをつなぐのは音楽。それがホイットニー・ヒューストンっていうのがわかりやすくていい。サマーキャンプと宗教のブレンドは軽さと楽しさにブラックユーモア足したっていう盛り具合。

ラテンビート映画祭で、2人の監督であるハビエル・カルボ、ハビエル・アンブロッシが主演のマカレナ・ガルシアとプロデューサーたちとともに来場した。2人は若くておしゃれで、製作の話もDIYな感じで、いまどきのクリエーターって感じがすごくした。




My Favorite Albums of All Time 私を構成する9枚のアルバム


ブログ開始から10年ということで、「私を構成する○○」をまとめてみた。アルバムから9枚。

THE BLUE HEARTS(デジタル・リマスター・バージョン)

The Blue Hearts - The Blue Hearts (1987)
14歳のときに初めて聴いてすごく影響された。そのせいで、中学の卒業アルバムのメッセージが今思うと恥ずかしこと書いている。

The OMD Singles

Orchestral Manoeuvres In The Dark - The OMD Singles (1998)
80年代の音楽、とくにニューロマンティックが好きで、その中でもOMDが1番好き。「Electricity」たまらん。

In the Aeroplane Over the Sea

Neutral Milk Hotel - In The Aeroplane Over The Sea (1998)
Elephant 6から行き着いたバンド。自分の好きな音楽の要素がいろいろ入っている。来日ライブを見ることができたのもよかった。

Oh Aaron

Aaron Carter - Oh Aaron (2001)
初めて買ったアイドルのアルバムも、初めて行ったアイドルのコンサートもアーロンだった。世間がBSBや*NSYNCって騒いでいる頃に弟のアーロンにはまっていたっていうのは、その頃から今まで趣味が変わっていない証拠。

Who Will Cut Our Hair When We're Gone?

The Unicorns - Who Will Cut Our Hair When We're Gone? (2003)
これに出会って人生変わったっていうやつ。このバンドを知ったのはMySpaceでバンド探ししていて。知ったときは既に解散していた。再結成のときにアメリカまでライブ見に行けたのはいい思い出。

Sam's Town

The Killers ‎– Sam's Town (2006)
最初に認識したのは「Mr. Brightside」だけど、1番聴いているのはこのアルバム。いつかラスベガスでシルク・ドゥ・ソレイユとコラボすることを夢見ている。

Speedy Delivery

The Speedies - Speedy Delivery (2007)
好きな音楽ジャンルは?って聞かれたら「Power Pop」って言う。何でそうなったっていうのが思い出せないけど、「Time」と「Let Me Take Your Photo」のMVを初めて見たときのことはすごく覚えている。これが最初の体験だったのかな?

First Crusade

Jakobínarína - The First Crusade (2007)
2000年代のUK Indieにすごくはまっていて、いろいろ好きなものがある中でこれが特別なのは、写真とMVをAlasdair McLellanがやっているところ。今聴いても懐メロに感じないのもいい。

Teenage Dream

Katy Perry - Teenage Dream (2010)
このアルバムは曲、ビジュアル、パフォーマンスその他かかわるものすべてが最高で、文句つけるとしたらラッセル・ブランドが好きになれないってことくらいだけど、彼のおかげでいい曲ができたって納得すれば、すべてが最高。

番外編:
自分にとってのお宝レコードはLes Incompétentsの7インチ。ロンドンのPure Grooveで買ったことも思い出深い。とくに「Reunion / Much Too Much」の凝ったデザインが気に入っている。


My Favorite Books of All Time 私を構成する9冊の本


ブログ開始から10年ということで、「私を構成する○○」をまとめてみた。小説・漫画から9作品。

ピーター・パン (新潮文庫)

『ピーター・パン』 J・M・バリー
子ども向けだけど丁寧な口調が印象に残っている。自分にとってはディズニー版のビジュアルも含めてピーターが理想の少年像。敵と対峙するときに怖いよりもわくわくが勝って瞳をキラキラさせる少年。

ウィーツィ・バット―ウィーツィ・バットブックス〈1〉 (創元コンテンポラリ)

ウィーツィ・バット』 フランチェスカ・リア・ブロック
フランチェスカ・リア・ブロックの作品には色々影響を受けまくっているから、本当はひとつに選びきれない。西海岸に強い憧れを持ったのはこの作品から。砂漠に行って、コヨーテの泣き声を聞いてみたい。

レス・ザン・ゼロ (中公文庫)

レス・ザン・ゼロ』 ブレット・イーストン・エリス
若者文化にたくさん浸れるのがいい。映画よりも内容が濃くて、ポップだから好き。

クローサー (Sexual resistance)

クローサー』 デニス・クーパー
友だちからの勧めで読んだ本。出てくるもの全部すごく好きだった。だから他のデニス・クーパーを読んでみたけど、グロ度が上がっていて、やっぱりこれがよかったんだって戻ってきた。

ぼくたちの終わらない夏 (BOOK PLUS)

ぼくたちの終わらない夏』 クリストファー・ライス
夏になるたび読みたくなる本。長いけど時間がある夏休みだから一気に読める。美男美女で想像しているから映画化して欲しくない作品。

プリンセス・ダイアリー 1 (河出文庫)

プリンセス・ダイアリー』 メグ・キャボット
YAだったらメグ・キャボット作品が好きだった。その中でもこのシリーズは映画化もあわせて思い出深い。特にマイケル。

鉄コン筋クリート(1) (ビッグコミックス)

鉄コン筋クリート』 松本大洋
『ピンポン』と迷う。松本大洋の描く子供のフォルムが好き。

リバーズ・エッジ オリジナル復刻版

リバース・エッジ』 岡崎京子
友だちからの勧めで読んだ。日本が舞台だけど海外で映画化されていてもよさそうな子どもたちの物語。

ライチ☆光クラブ (f×COMICS)

ライチ光クラブ』 古屋兎丸
読んだのは結構最近で、古屋兎丸ならこれを読みなよと言われたから。そしたら、その通り、好きなものがいっぱいだった。

本はあまり積極的に読まないから、「私を構成する」というのにあてはまらない選び方だったかもしれない。「私の趣味を本で表現する」としたらこの並びがしっくりきたという感じ。1/3が紹介されて読んだ本だから、これからも積極的に紹介してもらおうと思う。

小説・漫画以外:
インターネット』 村井純
3部作として本棚に入れておきたい。

まだ読み終わっていないけれど……
地球の論点 ―― 現実的な環境主義者のマニフェスト』 スチュアート・ブランド
未来地球からのメール―21世紀のデジタル社会を生き抜く新常識』 エスター・ダイソン

My Favorite Movies of All Time 私を構成する9作の映画・ドラマ


ブログ開始から10年ということで、「私を構成する○○」をまとめてみた。映画・ドラマから9作品。


Heathers (1988) / ヘザース [DVD]
80年代の青春映画で1番好きなのは?と聞かれたら答えるやつ。ウィノナの格好はどれもかっこよくてかわいいから真似したくなる。80sの格好って真似したらハロウィン?みたいなものが多いけど、これは時代関係なく真似しやすいと思う(ヘザーズ3人の格好はコスプレっぽくなっちゃうだろうけど)。この時期のクリスチャン・スレーターも好き。マッチョすぎず、ナードすぎず、いそうでいないポジションなんじゃないかな?2人とも黒髪なのもいい。


The Cure (1995) / マイ・フレンド・フォーエバー [DVD]
初めて好きになった海外の俳優がブラッド・レンフロだった。このビデオのジャケットの顔にひとめぼれした。演技力と美しさでいったら『依頼人』だし、かわいさだったら『ゴーストワールド』、『ブリー』での存在感も忘れられないけど、最初の衝撃でこの作品は外せない。ジョゼフ・マゼロもかわいかったね。


Empire Records (1995) / エンパイア レコード [Blu-ray]
1番好きな映画は?って聞かれたら答えるやつ。出てくるキャラクターみんな好き。こんな職場で働きたいと思った。


Romeo + Juliet (1996) / ロミオ&ジュリエット [DVD]
世界観がすべて好き。暑い日ざし、乾燥した空気、ネオンサイン、カラフルなファッション、プール、花火、音楽。レオナルド・ディカプリオにまだかわいらしさが残っていたのもありがたい。


Gummo (1997) / ガンモ [DVD]
映画に出てくる食べ物の中で1番食べたいものは?と聞かれたら、このお風呂で食べているパスタとチョコバーって答えるやつ。なぜかすごく印象に残っている。緑の背景にピンクのうさぎ帽をかぶった白くて細い男の子というビジュアルもすごく好み。


Edge of Seventeen (1998)
エリック役のChris Staffordがかわいすぎる。思春期的悩みにぶつかって成長していく様子が申し分なく描かれていて、80s音楽も楽しくていい。


Freaks and Geeks (1999–2000)
映像作品のキャラクターで1番感情移入しているのがリンジーだから。この作品には自分も知っているエピソードがたくさん出てくる。いつ観ても、笑えて泣ける。


Mysterious Skin (2004)
これを観たとき、これは自分の映画だと思った。こういうのが観たかったというか。あと、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットが1番美しいのは絶対この映画。


Frances Ha (2012) / フランシス・ハ [DVD]
こういう風に大人になりきれずにいるけどもう子どもでもないし、という世代がわかりすぎる。その説明やそういうときの折り合いのつけ方が、今までで1番納得できる作品だった。

次点:The Rocky Horror Picture Show (1975)
一時期、座右の銘に「Don't dream it. Be it.」って書いていた。


ブログ開始から10年

ブログ開始から10年。どうして始めたかはもう覚えていないけれど、物忘れが多い自分にとってこのアーカイブは役に立っている。

ブログ名は、当時1番好きだった映画『Mysterious Skin』からきている。SkinをSheetsにしたのは『Romeo + Juliet』のシーンの1つから。


1番最初の投稿は映画『Camp』だった。その頃は感想をノートに書いていたので、それを順番に起こしただけで特にこの選択に意味はないはず。ただ今考えると、内容的にこのブログに合っていると思うからよかった。

記念として、私を構成する○○をまとめてみた。

My Favorite Movies of All Time 私を構成する9作の映画・ドラマ

My Favorite Books of All Time 私を構成する9冊の本・漫画

My Favorite Albums of All Time 私を構成する9枚のアルバム

13 Reasons Why / 13の理由 ~死を選んだ子とそうじゃない子を分けるものは?


1話ごとにメインとなる登場人物がいて、だんだんと物語が進んでいくという構成。高校のいろいろな生徒たちが描かれるっていうのは久しぶりに見た気がしていい。しかし、重い。テーマが重いからしかたがないかもしれないけど、見ると気分が落ちるので、健康でないと見るのが辛い。謎解き要素があるから続きが気になるけど、一気見はできない。伝えたいことをダイレクトに受け取るだけなら、おまけの「現代が抱える社会の闇を考える」っていうインタビュー映像を見ればわかる。Selena Gomezも出てくるし。セレーナ・ゴメスといえば、最後の最後で曲が使われたのが気になった。今までずっといい感じのBGMだったのに、いきなり知っている声がして物語から覚めた。ちょっと押し付けがましく感じた。曲でいえば、The Cureが青春ものに使われるときはほとんど胸キュン場面なのに、この中ではThe Cureまでもが暗くてびっくりした。

主人公クレイ役のDylan Minnetteの顔がどうしても好きになれないのはしょうがないとして、クレイにはすごく振り回された。ハンナ(Katherine Langford)への想いが強すぎて、他の人は後回し。自分のことも。ただのシャイな子かと思っていたら、すごく行動派だった。まあ、彼が動かないと物語が進まないしね。

この物語に出てくる子どもたちがみんないい子じゃないものおもしろい。しかも、後にいい子になるわけじゃなく、嫌な子のままっていうのがリアル。それにしてもテイラー(Devin Druid)の扱い酷すぎない?卒アル写真係の子はいつも場の外から見ているっていう立場なのは一般的だけど、いろいろな立場の子たちが協力していくなかでずっと除け者にされて、彼を理解してくれる子がいないのが寂しい。しかもデヴィン・ドルイドの見た目が好きなのでさらに。ひょろっとしているけど、背が高いので弱そうには見えなくて一人でもたくましかった。

デヴィンとディランを比べるとやっぱり細い

出てきた中で1番好きだったのはアレックス(Miles Heizer)。マイルズ・ハイザーの顔が好きだし、髪型もよかった。警察官の父親には厳しくしつけられているのが言葉遣いでわかるけど、違反をしても見逃されるような甘さがあって、アレックスは満たされていない。そんな感じで冷めているからいろんな人とも付き合えるし大胆なことできる。

ジャスティン(Brandon Flynn)については、ブライス(Justin Prentice)の対になる、カーストの頂点にいるグループでも家庭環境に恵まれない子。同時期に『Freaks and Geeks』観ていたから、ジャスティン役やっているフランコ想像しながら見ていた。

マイルズとブランドンはファンからカップリングされている?

ハンナ役のキャサリン・ラングフォードの目力があって強そうな顔好きだけど、ジェシカが出てきて並んだら、Alisha Boeの顔の小ささと整い具合にびっくりした。どこから見ても完璧なルックスでチアリーダーの頂点にぴったりだ。だけどだんだん荒んでいくのが見ていて辛い。

Katherine LangfordとAlisha Boe

ハンナは生きられなかったけど、ジェシカは生きる。その2人を分けたのは何だったのか?ハンナについて振返ってみれば、そんなに思いつめることはなかったのではと思うけど、インタビューで専門家が言っていたように、この時期は些細なことでもそれで世界がすべて終わるように感じてしまう。自分も昔はそうだったはずなのに、大人たちはそのことを忘れてしまう。

テストされたカウンセラーの先生は、一応専門的な立場だけど、進路相談もする幅広いポジションで、学校全員をひとりで見るなんてできないのに、重荷を背負って逃げるような行動を選ばざるを得なくなってしまっているのがかわいそうだった。ハンナの親は自営業のやりくりが一大問題だったってのがあっても、ハンナを大事に思っているってことを都度わかりやすく伝えていたのに、それでも子どもが満たされないこともあるのか。やっぱり同年代に認められるってことが大事なのか。考えさせられる物語で、カセットテープの仕組みからもドラマ化が合っていた。

お気に入りの弟キャラクターTOP3

弟かわいい。


Produce 101に出て、残念ながらデビューメンバーには選ばれなかったけど、出場者の中で下から2番目に若い年齢でかわいがられたいたユソノは、最近「国民の弟」と呼ばれているらしい。実際は長男なんだけど、出場者のお兄さんたちに懐いてかわいがられていたのが印象的だった。それで思い出して、下書きにしていた記事を完成させてみた。

#3 Lloyd Dobler (Say Anything...) by John Cusack



ロイドの甥っ子もかわいい。この二人のやり取りは微笑ましい。お姉ちゃんから「同じ目線対応するんじゃなくて叔父さんとして対応して」って言われちゃっている。苦労している姉のことをわかっているけど、「昔はもっとおもしろかったよ」って言っちゃうのもかわいい。



#2 Marshall Gregson (United States of Tara) by Keir Gilchrist



マーシャル、ムーシュ、マシュマロ!マーシャルは個性的で問題を抱えた家族の中で1番しっかりしていて良くできた子だけど、お母さんやお姉ちゃんからはまだちっちゃい子という扱いをされているところがかわいい。姉のケイトからするといじめがいのある弟。かまいたくなったら弟がどんな状態だろうがかまわずいじる。逆にこっちが気分じゃないときは無視。だけど弟に無視されるのは許さない。気分屋の姉に振り回される弟が不憫かわいい。だけど、2人で助け合って危機を乗り越えることもある、頼りになる弟。



#1 Sam Weir (Freaks and Geeks) by John Francis Daley



このドラマが好きだからってのもあるけど、やっぱりこの姉弟が1番好き。リンジーにすごく共感しているから、もうサムは私の弟って感じ。16歳と14歳。弟もだいぶ成長して難しい年頃になっているから、子どもかわいがりすると拒否されちゃうのが寂しい頃。でも、シリアルのおまけのおもちゃを喜んで欲しがるし、サムはまだかわいい。サムは家の中で1番年下だから両親も彼をまだかわいがりたい様子で、無理やり食後の家族団らんに付き合わせるのも微笑ましかった。



また、演じたジョン・フランシス・デイリーが役の年齢とほぼ一緒っていうのもポイント高い。ほっぺたにまだ丸みがあって幼さを残しているところ、白目が大きくて三白眼になるところ、口元がいつもだらしなく開いているのもかわいい。


撮影中、姉役のリンダ・カーデリーニのこと好きになってたってかわいい!
Daley: “Linda and I spent a lot of time between scenes giving each other a hard time. I probably had a bit of a crush on her, too, which you don’t want to hear when we’re playing brother and sister. But it’s hard not to have a crush on her.”
https://www.vanityfair.com/hollywood/photos/2012/12/unseen-freaks-and-geeks-photos#12


セイ・エニシング [DVD]
セイ・エニシング [DVD]
posted with amazlet at 17.09.24
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント (2005-02-18)
売り上げランキング: 134,309

United States Tara: Ssn 1 [DVD] [Import]
Paramount Box Sets (2013-09-25)

Freaks & Geeks: The Complete Series [DVD] [Import]
Shout Factory Theatr (2004-04-06)
売り上げランキング: 159,188
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...