My Best Albums of 2010

2010年私的ベスト・アルバム
今年はアルバム単位でたくさん聴いたのと、本当に充実したリリースだったので、10枚に選ぶのが大変でした。
なので、1位から発表!

Monitor#1 Titus Andronicus / Monitor

今年の初め1番の衝撃が、そのまま今年1番の衝撃に。2009年の音楽は全体的に地味だったり難しかったりした。簡単に言うと「シャー」って感じ。耳から耳へと通り抜けて行っちゃう。だから心に残らない。そんな印象を引きずったままの1月。このアルバムが脳天を貫いた。音、言葉の爆発力。「南北戦争」っていうテーマがわからなくても、アルバム一つで作品というつくりがしっかりしているから聴き終わったときのカタストロフィーがすごい。




First Blood#2 Nobunny / First Blood

このアルバムが好きっていうよりNobunnyの好きな音楽が好きなんだよね。Milk & Cookies、Ramones、Hasil Adkins…。真っ直ぐにやりたいことをやっている。でも、ライヴで観た時はそういう音楽のよさに気がつかなかった。だって、薄汚れたウサギのマスクをかぶったパンツ一丁の汗だく男が2階から落ちてきたことの印象のほうが強かったから。でもこの人には一生こういうことをやってて欲しいと思う。




Destroyer of the Void#3 Blitzen Trapper / Destroyer of the Void

これはあるMixで「Destroyer of the Void」を聴いて、そのダイナミックな世界に引き込まれた。アルバムも聴かせる曲が多い作品。Sub Popには今年は結構注目リリースが多かった気がするけど、時代の流行とはちょっと離れたところにこの人たちはいるのかな。The Beatles、Queen、Bowieの様な、大きい世界観を持っているアルバム。




My Beautiful Dark Twisted Fantasy#4 Kanye West / My Beautiful Dark Twisted Fantasy

何度聴いても飽きない作品。単純にかっこいい。スーツを着たカニエのHip Hop。




Defrosting of#5 Demons Claws / The Defrosting Of...

すべりこみで5位にランク・イン!カナダのガレージ・バンド。でも、ガレージだけじゃなく、ブルースやカントリーなど幅広い音がする。ヴォーカルだけがエフェクトがかかっているので今どきな感じ。でも、それによって全体も浮遊感のある音になるんじゃなくて、ギターもベースもドラムもそれぞれの音が主張している。バンド名もそうだけど、音楽聴いて感じるのは悪魔的なイメージ。まじない儀式で歌う音楽みたいな。そういう黒い怪しさもかっこいい。




Fang Island#6 Fang Island / Fang Island

自分の音楽の聴き方を変えてくれた作品。インストゥルメンタルは苦手だったんだけど、これは大丈夫。難しくないんだよね。音だけで単純にのれる。声も楽器のひとつのような使い方で、「ウォー」とか掛け声が多い。ギターもポップ・パンクや「ギュイー」っていうギターソロはかっこわるいって思ってたのが、そればっかりだったら飽きるけど、こうやって混ぜてくれると嫌じゃないとわかった。




Odd Blood#7 Yeasayer / Odd Blood

Yeasayerは本当にかっこよくなった。3人組の魔法が利いている。偶数よりも、奇数のほうがグループとして魅力が出るという個人的な法則なんだけど。4人組ってバンドの中でも1番割合が多いだろうし、2対2になってもバラけた印象で全体がぼやけてみえる。でも、3人になるとその個性が濃縮されて、より一人ひとりが見えてくる。今まではYeasayerのメンバーに興味なかったけど、今なら全員の名前も言える。ミュージック・ビデオにメンバーが出演して印象を強くしたってのもあったかも。ライヴもすごく良かったし。次の作品にも期待してしまう。




Stuck on Nothing#8 Free Energy / Stuck on Nothing

これはちょっとおまけの順位だけど、好きなんです。よくぞここまで持ってきたなっていう、前のバンドはおもしろいことをやってたと思うけど、今の方がわかりやすいし、ライヴもすごく楽しかった。ギター・ソロがこんなにかっこいいものかっていうのもFree Energyの影響だな。あと、やっぱりヴォーカルが好き。「今を生きる」っていうのが全体的なメッセージだと思うんだけど、それを一生懸命歌う。伝えたいって気持ちがちゃんと伝わってくる。そして一緒に楽しもうっていうのも。このアルバムには入っていない、「Something in Common」と「C'mon Let's Dance」がすごく好き。




Shame Shame (Dig) (Eco)#9 Dr. Dog / Shame Shame

これを聴くと癒される。2人のヴォーカルの魅力が違うのもおもしろい。渋いしゃがれた声と、子どもの様なかわいい声。どっちも好き。長く聴いていられる作品。




Beachcomber's Windowsill#10 Stornoway / Beachcomber's Windowsill

久しぶりのイギリス。イギリスはフォーク勢が強いね。Mumford & Sonsはあんまり好みじゃないんだけど。来年のNoah & The Whaleの新作が楽しみ。Stornowayは「Zorbing」で一聴き惚れだったんだけど、アルバムも面白い作品だった。フォークっても座っている感じじゃなくて体が揺れて踊りたくなるような曲もあって、あとやっぱりイギリス訛のヴォーカルいいね。全体的に地味なバンドだけど、「I Saw You Blink」でドラムがかわいい!って女の子たちが騒いでいるので大丈夫かな。




その他、順不同。

Wolf Parade / Expo 86The Love Language / LibrariesMagic Kids / MemphisArcade Fire / SuburbsBig Boi / Sir Lucious Left Foot... the Son of Chico DustyTame Impala / Innerspeaker

The Big Green / ビッグ・グリーン/でこぼこイレブン大旋風


90sの子供はかわいいな。『The Little Rascals』のアルファルファ(Bug Hall)がちょっと大きくなってでているんだ。

How to Make an American Quilt / キルトに綴る愛


Winona Ryderははずさないな。この役柄ってまさしくウィノナだし。年上の女優さんばかりの中で目立ちまくっておいしいぞ。ボーイフレンド役はそうでもないけど、プールで出会う美しい体の青年はおもしろい。それにはまっちゃうウィノナが意外でいい。

Grandview, U.S.A.


C. Thomas Howellはすごく好きなんだけど、Jamie Lee Curtisとの相性が良くないと思う。年上の女という設定で、男勝りで勝気でリードしてくれるセクシーな女という役柄にはあっている。Patrick Swayzeとは似合っているんだけど。
でも、夢の中で歌って踊るシーンは大好きだ。予告編で見たときからもう夢中。こんなおかしなことできるのは80sだけ。だって、いくらセクシーだからって、鎖のみのスカートって・・・。しかもそれをやっちゃうって・・・。クレイジー。

Big Wednesday

青春なんだけど、熱苦しくなくって、逆にちょっとすれた、哀愁のあるストーリー。3人のサーファーがそれぞれ違って、性格もだけど、人生のプランも。みんな思い通りに行かないことも受け止めて生きている。人生、光の当たるところばかりを歩いていられない、厳しい道や、とんでもなく辛いこともある。でも、一人ぽっちになることはない。どこかに誰かがいて、自分のことを思ってくれている。そうやって信頼して助け合える仲間を得た青春時代は栄光だ。

Little Odessa

Edward Furlongはともかく、Tim Rothがロシア系マフィアって!何か違和感。マフィア顔だけどもさ。この時期のエドは一途な弟分キャラで乗っていた。サラサラの前髪、細い体に大き目の服、うるうるの瞳。これだけで十分。この話はそんな純粋な子をひどい目にあわせすぎ。ラストが悲劇でつらい。

Cruising


70sだ。Al Pacino刑事が覆面捜査でゲイの巣窟にのりこむ。ハードゲイのレザールックが似合う。だけど、Alはストレート。チャーリーズ・エンジェルみたいな女のもとに帰るんだ。素性がばれちゃいけないっていうのに。でも、お隣さんの文系ゲイと仲良くなって。でもでもそれはうまくいかない。もろバレバレな張り込みとかしてそりゃないよ~な感じもするけど、終始クールな“俺”を演じるAlさん。嫌いじゃないです。最後にはレザー・プレイにはまっちゃうっていう…。

The Hangover / ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い


すごくよくできた話。キャストに愛着がなくっても、ストーリーだけで純粋に楽しめる。それって新鮮な体験で、面白い。何がそんなによくできているんだろう。ラストが読めない展開の引っ張り方がうまいんだよね。そして、むちゃくちゃ加減も良い加減で、舞台がラスベガスだからそんなこともありえるかもって思わせちゃう。あと、俳優の演技も大げさすぎないし、無理に笑わせようとしてないのがいい。むしろ、このジェットコースターストーリーに飲み込まれているみたい。ドキュメントチックっていうことか。良くある手を使っていても、それが古めかしく感じなくって、またそれが逆にネタのようで、とにかくうまい。

Hugo Pool

Patrick Dempseyはしゃべらなくてもかわいいんだな。障害者の役って性格俳優になりたい人とかがやる気まんまんにやっちゃうのを見るのは寒いけど、彼の場合、そういうんじゃなくて、もっと気の抜けた風でよかった。そのゆるさが、Robert Downey Jr.の狂った感じとも合っていたし、主人公ヒューゴ(Alyssa Milano)のはすっぱな、だけど頑張り屋さんな娘なのとも合っていた。ママ(Cathy Moriarty)もある程度時代を経験した濃さがあって、コメディのノリもちょうどいい。パパ(Malcolm McDowell)も駄目な人なんだけど、ほっとけない愛嬌があっていい。Sean Pennは家族全員とは関わらない、物語と離れたところにいる存在感がまたちょうどいい。
さすが、というしかない計算しつくされたキャスティングとストーリーに加え、画作りもすごく美しい。
夏の暑さ。乾いた土地の空気。邸宅の華やかさとつつましい現実。すべてがリアルなんだけど、おとぎ話の様でもある。
最後に、監督Robert Downey Sr.の病気で亡くなった妻に捧げられていたのがこの家族の物語をさらに印象深いものにした。

The Butterfly Effect

やっぱり、一番小さい頃のキャストが超いい。Logan Lermanが良くできたかわいい子タイプでCameron Brightが子ども離れした個性派でっていうバランスも最高。
この映画の物語にのめりこめないのはAshton Kutcherのせいだ!かっこいいのかおもしろいのか微妙なキャラがわからない。

Wet Hot American Summer

今では結構豪華なキャストでびっくり。これはアメリカで劇場では全然売れなかったんだけど、その後、衛星チャンネルでの放送やDVDではヒットしたっていう経歴らしい。それぞれがネタを小出しに出し合って競い合ってる感じが、映画っていうよりはTVのノリに合う。主人公が地味すぎるのも劇場ヒットしなかった理由かな。ギャグも結構ブラックというか悪ふざけが過ぎるっていうか、好き嫌いがはっきりわかれそう。でも、バカさ加減と、夏休みのどうしようもないグデグデな雰囲気が、ちょっとレトロな時代設定にあって、あのキャンプサイトだけが別次元の世界の様な楽しさがある。

Crossroads / クロスロード

何だか酷い80s映画。
Ralph Macchioは超アイドルしてるし、かわいい。Jami Gertzも個性的な顔立ちでいい感じ。もっとおちゃらければいいのにかっこつけてシリアスぶるから逆に見てるこっちが恥ずかしい。

Alice in Wonderland

もともとアリスにもJohnny DeppにもTim Burtonにもはまってないから、そんなにあがらなかった。けど、Alan Rickmanの英語と、Crispin Gloverのダメ貴公子っぷりと、双子が「Little Britain」のMatt Lucasだとか、ぶっとびすぎのAnne Hathawayとかはおもしろかった。

New York, I Love You

パリよりもより共感できる。パリは生粋のパリっ子だからっていうのがあるけど、NYはいろんな人種が交差してっていう面白さ。だから夢を見てこの地に足を踏み入れるっていう期待感がある。お目当てはOlivia ThirlbyAnton Yelchinのドラマだったんだけど、意外とこの組み合わせも似合っていた。逆にBlake Livelyが浮いてた。
Chris Cooperは超渋すぎ。クリーニング店のシーンのちょっとしたとこだけでもかっこいいけど、レストランの前での大人のカップルの出来事が素敵。
あと、意外だったのがShia LaBeouf。ガツガツしてないといい。ああいう演技もできるなら、今度はもっとそういうアートっぽいのにも出て欲しいな。
Hayden Christensenはここでもボブしゃべりだった。あれが地?

Rachel Getting Married / レイチェルの結婚

Anne Hathaway思ったほどひどくなかった。いつもとちょっと違うキャラクターを演じることに抵抗があったけど、色白黒髪だからああいう子も結構はまる。
それよりもお姉ちゃんのレイチェル役のRosemarie DeWitt、USOTのタラの妹じゃん!この人の自然体でさっぱりしているところが好き。
パーティ会場でギターを弾いていた人はJonathan Demmeの息子か?雰囲気あってかわいかった。
他にも会場には綺麗な人がいた。

Jeepers Creepers / フランシス・フォード・コッポラPRESENTS ジーパーズ・クリーパーズ 暗黒の都市伝説

Justin Longが見たくって!だけどこの映画はつらい・・・。怖がらせようというのがみえみえでいや。でも、Justinの弟キャラはよかった。うざい感じが良く出てて、それが似合っている。子犬みたいに飼いたいタイプ。最後はすごい姿になるが。

Factory Girl

アンディ・ウォーホルってそんな人だったんだ~っていう。外人のママと屋敷に2人暮らしの伯爵って感じ。
Hayden Christensenはやっぱりなしだな。かっこいい役がかっこよく見えない。なんでだろう。イメージが付き過ぎてる。

He's Just Not That into You / そんな彼なら捨てちゃえば

Justin Longが見たくって!というわけでこのJustin最高!かっこつけてる寂しい男というちょい2枚目だけどフレンドリーな役を好演。これは好きになる。相手の女の子ジジ(Ginnifer Goodwin)もかわいくってナイスカップルだ。
他は、Scarlett Johanssonが実年齢にあった自然体なキャラクターで意外とかわいかった。相手役のBradley Cooperは色男役が似合うね。背高いし、金髪だし、健康的な肌の色。
Ben Affleckも意外と良かった。彼の持ち味は昔っからもっさいところ。途中スーパーヒーローになろうとしたけど、そうじゃないと軌道修正がうまく行ってる感じ。

Heat

好きすぎるこの世界。ジョン・ウォーターズの世界並みに住みたい楽園。
主人公Joe Dallesandroは自分の美貌を活かしてハリウッドでのし上がろうとお金のためにしか寝ないっていう心意気がかっこいい。どんな醜くても歳とってても、それが自分の得になるなら何でもやる。それだけできたら立派な役者だよ。髪もスーパーロングで超きれい。ジェシカ(Andrea Feldman)もかわいい。声に特長があって、演技している感のない一本調子の喋り方も見た目と役柄にあっている。私のお気に入りはホテル客の兄弟。弟(Eric Emerson)はしゃべらないでいつも白いネグリジェにサボでうろうろしてる。ちょっとGirlsのクリストファーに似ている。兄は調子が良い奴。でもこの2人は完全にクレイジーで普通の世界に生きていない。まあ、ジェシカとお母さんシルヴィアもかなりの変わり者だけど、ショービズの世界にこういう家族はいるかもしれない。
現実と虚構の間を微妙なバランスで渡っていく。色合いも綺麗で、これぞ西海岸って感じ。

De battre mon cœur s'est arrêté/ The Beat That My Heart Skipped / 真夜中のピアニスト

フランス人は独特で、Romain Durisはまた特に、最上級にクールな大人なんだけど、子どもっぽさ(オタクっぽい子どもじゃなくって無邪気な)も持っている。特にお父さんとのやり取りが他の国とは違うフランスならではの子育て法が垣間見られる。パパもまた、紳士のようで、幼児のよう。そんな男同士はうまくいくときもあれば、全然駄目な時もある。でも何とかうまくいくといいなっていう小さな幸せ。
面白かったのは、小さい頃からクラシックで育った彼が、大人になってテクノ聞いているところ。さすがフランス。

Alvin and the Chipmunks / アルビン 歌うシマリス3兄弟

Justin Longを極めようと見たけど、失敗。だってリスの声早回しで加工してあるから誰がやっても同じじゃん!
相手役の女の子がちょっと安っぽくて残念。もっと大人しめの子のが好感持てる。

Home Fries / 100万回のウィンク

Drew Barrymoreかわいすぎ。Luke Wilsonも濃すぎず薄すぎずちょうど良い相手役。
話がどこかマイナー感なのもこの2人の組み合わせだとちょうどいい。

Remember The Titans / タイタンズを忘れない

Ryan Goslingがみたくなって。前に見た時の記憶はほとんど残ってないし。思ってたより出てた。細い体のイメージだったけど、そんなに浮いてもいなかった。この時代は彼のアイドル期の終わり頃。あどけない笑顔がまだ純粋さを感じる。かわいい。話は熱いし、アメフトには一生共感できないと思うけど、家族とか若者の夢や希望に満ちたストーリーには泣かされる。

Over the Edge / レベルポイント

この時代がかっこいいと感じる今日この頃。Matt Dillonも若い時はどこか危険な香りのする個性派俳優だったなあ。主役の男の子と女の子が幼いところも何かリアル。まわりのキャラクターもコミック的で親しみがある。
Cheap Trickの「Surrender」がすごく印象的。
見た目はまだまだ子どもだけど自我が芽生えてきて、親に対する期待と失望から何だってできる気になって実際にしちゃう。アメリカの郊外には私の知らない世界が未だ沢山ある。

Panic Attack/Death View 7" / Useless Eaters

アメリカ一美しい人間(今のところ)セス。
このバンドは生もの感が強くて、レコードになるとまだまだかなと思うけど、いつか誰かに拾われるor目にとまってビッグになって欲しい。
Jayなきメンフィスをしょって立つのはこのセスとMagic Kidsのベネットだと一人で勝手に思っているのである。
裏面の「Death View」がポップで良かったです。

Jeth-Row Records

Wait & See 7" / Diamond Rings

トロントのブティック店員!好きすぎる!
カナダ、80s、低音ヴォーカルと、好きなポイント多いし、彼の完璧主義な世界観の自己プロデュース力が素敵。
1個前の「All Yr Songs」のPVもセンスよくって好きだったけど、今回のPVも最高。この格好はそのまま真似したい。後半のパーティに来ている人の仮装はカナダにしてはセンスいいとびっくり(偏見)。

Tomlab

Oh Suzanne 7" / French Kissing

ゆるーい、昔っぽいガレージが好き。だけど、ちょっとヴォーカルが遠すぎる。もっと歌モノっぽいアレンジだと最高。
ジャケットがいまいち好きじゃないから買うのに迷ったけど、買わなくてもよかったかも・・・

sleep allday records

Skins season4

今回はすっごく短く感じた。あと、前回ほどの衝撃はなかった。登場人物の個性をある程度知ってしまっているので、行動が読めるし、新たな相手との関係も遠回りくらいにしか感じなくてときめかなかった。でもJJ(Ollie Barbieri)のエピソードは違う。あれは素晴らしい。何度でも見返したくなる話になったと思う。オタクな男の子が好きになった女の子はシングルマザーだったというのを柱に、子どもの父親とのライバル関係や、自分のパニック症の問題などをからませてコミカルに描いている。JJの性格もそれにあっている。そしてラストはウクレレによるSpandau Ballet「True」の演奏で彼女にアピール!2階の窓から彼女がそれを見つめるっていうものすごく80sな演出が最高。ちょっと残念だったのはヴォーカルが吹き替えぽかったとこ。こういう場合は下手でも本人の意思のこもった声のがぐっとくる。あと、やっぱり私はクック(Jack O'Connell)が好き。悩んだり迷ったり、心のもやもやした気持ちを暴力でしか表現できない不器用な少年。エフィ(Kaya Scodelario)をすっごく好きなのに、それを素直に言えないで強がってしまう。でも最後はエフィとフレディ(Luke Pasqualino)を認めて祝福しようとする。1番の親友が1番のライバルっていうのは青春ぽくっていい。

天然コケッコー

原作は超えられないとはわかっていてもちょっと残念なでき。淡々としすぎていて、自然の風景も平凡な画ばかり。主人公の語りで描かれているからそよについてはちゃんと追っかけていけるんだけど、それ以外の登場人物が生きていないのが勿体ない。もっと感動できるのに。家族の悩みも中途半端に流れていくし、恋愛も大沢君のキャラクターが全然みえない。岡田将生はかっこいいのはわかったけど。漫画に忠実なキャスティングは好感。あれ以上だとやりすぎになっちゃう気がする。漫画原作ドラマにありがちなハイテンションじゃなかったのもありがたい。1番良かったのは弟くん。最初は大丈夫かと思ってたんだけど、後半からは活躍しだして、直向な感じがたまらない。

Happy Together

Patrick Dempsey最高!
自分を持ったオタクなんだけど、恥をかく度胸があるから、外へ出ていける。それがDempsey流。外へ出るから誰かと交わる。そしてそこで関係が生まれる。それがドラマ。
この恋愛物語は普遍。

This Is England

爆音で見た。そしたら気付かなかった音がいろいろ聞こえてきた。
スメルのイメージがStrawberry Switchbladeだと聞いていて、そしたらその誕生日会で「Since Yesterday」が流れていたし、初めの方にもSoft Cellが流れていたり、80s感出してた。
あと、演技派なStephen Grahamが、ほぼ素人役者の中にいると目立っちゃう。他の人たちが自然体だから彼の熱演はちょいうざい。でも、そのうざさは役柄に合ってるからいいんだけど。

Blue Crush

Kate Bosworthがいまいちぱっとしないのはこのせいか!
女の子ムービーと思ったら違った。結局男に流されて。親友役ののプSanoe LakeとMichelle Rodriguezのが全然よかった。あと、妹役のMika Boorem

An Education / 17歳の肖像

主役のジェニー役のCarey Mulliganかわいい。笑い方が高くひくような笑い方で幼さと明るさが感じられる。
でも私個人としては先生を大人だからとか社会の歯車だからとかっていうだけで毛嫌いするのが共感できないからちょっとひいて見てしまった。でもそれが彼女が学んだこと。他にも家族や恋愛でもいろいろ学ぶんだけど、それらに比べたら学校での出来事の描き方が陳腐かなと。でもそれ以外の家族や恋愛の方はおもしろい。特に家族の描写は細やかで、うざいけどかわいらしいお父さんと、1歩下がって家庭を支えるお母さんが本当に愛おしい。
恋愛の方は、フランス文化に憧れて見た目から中身まで染まっていくのが女の子として共感できるし、若者とも。フランス語をわざと使うところもかわいかった。ジェニーが頭からっぽで見た目だけっていう大人の女性と知り合って、そこから社会を学ぶ。有名大学行く事だけが全てじゃないって。私はあの時間の中で男の人たちからの影響よりも女の人からの影響のが大きかったと思う。大人の男の人はそれまでの彼女の人生になかったからそれは刺激があったかもしれないけど、それよりも新しいタイプの女性に出合って、彼女の生き方が他の自分の知っている女性の行き方よりも魅力的に見えた。そしてそんな彼女もまだ持っていないものを自分が手に入れたようになって有頂天になった。そして彼女は失敗から学ぶ。「何もしなければ、誰にもなれない」という台詞が印象的で、若いから言えること。そこで「失敗しろ」って言うほど放任にはなれないというか私だったら過保護にしちゃう。かわいい子どもが悲しくなるのは見たくないもの。そして子ども目線で言うと、親孝行とはなんだろうと思った。親は「子どもがやりたいことをやって幸せだったらいいよ」って言っても内心思い描いている理想があって、子どもとしてはその親の理想の子どもになるのが孝行かな、なんて思ったりする。
でも過保護のなかで何も経験しないでは大人になれないから、ちょっと悲しませたり心配かけても外へ出て経験してちゃんと大人になることが最終的には良いのかな。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...