Liberty Heights

Ben Fosterはここでもやっぱり曲者。自分に素直だから周りとはずれてしまう。無神経なようでもちゃんと優しさはある。だから慕われる。やんちゃなヒーロータイプだ。
他にも、Adrien Brody、名脇役David Krumholtz、"Ugly Betty"のKevin Sussman、"Grey's Anatomy"のJustin Chambers、James Pickens Jr.も父親役で出ていた。

Across The Universe

結構曲をアレンジしていて、それがちょっとオーバーな気がして真面目に見るには引けた。ただやっぱり曲自体はすばらしいし、メッセージが伝わってくる。ストーリーとして突然な時もあったけど。
キャストは、Evan Rachel Woodは意外だった。歌もやるんだと。顔が綺麗過ぎて似合わない気もしたが。Jim Sturgessはいかにもリバプールのパブにいそうなルックスではまり役。ミュージカルなので、演技はそんなに重要じゃないのかもしれない。この二人がミスマッチなのが気になった。Joe Andersonは役にあっていたし、うまくこなしていた。特に惹きつけられる個性があるかといえばそうでもないが。
そんな感じでやっぱり本家のThe Beatlsが出ている映画には何倍もかないません。

Gouttes d'eau sur pierres brûlantes / 焼け石に水

François Ozonらしく、お洒落で、ブラックが効いていて、ミュージカル劇でもある。
子供なFranzが可愛かった。家事をしてつくしてるところはLéopoldの人形になったみたい。このサロペット着ている時はもっと。その反面、クラシックを大音量でかけてノリノリのところは最高にはじけていて可愛かった。
Ludivine Sagnierも併せて若い二人は体にフィットした衣装で、カラーもきれい目、完璧なモデル体型で人形みたい。室内劇というのもあって、ますますDoll感が。

The Rachel Papers

Dexter Fletcherが良い。イギリス人らしい外見。くるくるの頭に、細身だがしっかりしている体。これは時代がそうなのかもしれないけど、大きめコートやジャケットが体型にあっていてお洒落。真っ黒のサングラスを何気なくかけているところも良い。シンプルな部屋着も真似しやすい。カメラ目線で話しかけるところが主人公のキャラクターに合っていてチャーミング。同年代の友達がいなく、年上とばかり付き合っているところも彼のキャラクターが伺える。
Ione Skyeはいつものように美しい。黒髪が美しく、スタイルの良い彼女にはドレスが映える。高嶺の花という言葉もぴったり。
James Spaderもいつもながらお金持ちの嫌なやつが似合う。

Another Country

Rupert Everett演じるGuyの自由奔放な態度、イギリス人らしい皮肉、お坊ちゃまと母親との関係など、魅力的な主人公だった。
Colin FirthのJuddも自分の信念を親友のために曲げるくらい、いつもはクールだが、愛情深い人で良い。
小さい子達もきちんとスーツを着て、シルクハットかぶってるのは時代ですね。

Knocked Up / 無ケーカクの命中男

Katherine Heiglももちろんいい。美人だし、コメディセンスもある。
ただ今回はどうしても男子に注目したい。"Freaks & Geeks"リユニオン!Judd Apatowが成功して、この面子だけでも映画がつくられ、さらにヒットしたから、うれしい限り。主役のSeth Rogen、友人役のJason SegelMartin Starr、そしてゲストでJames Franco。豪華です。Freaksの男子勢ぞろい。仲がいいのはうれしいです。そしてみんな変わらない。あの頃のイメージを壊さないでいてくれる。でも、Seth Rogenは良い意味で一番変わった。すごく魅力的になった。ドラマの時はうまいこと言う友達という感じが強かった人。一番いい時はAmyに恋してるときで、今はその時の魅力が全快になっている感じ。ギャップの魅力というやつですね。それにやられます。くりくりした目も可愛い。今回の役では、自分の駄目さを知っているオタクで、控えめなところが良い。そして相手のために変わろうとする。良い役です。

Forgetting Sarah Marshall / 寝取られ男のラブ♂バカンス

Jason Segelは大きい。
歌も歌える。才能を活かして笑いを取る。
彼の得意とするキャラクターがこの役には詰まっている。失恋に悲しむ男、未練たらたらな。女の子に優しくて、でも下品さもあって男友達受けもいい。
ホントいい人だし面白い。
Russell Brandもただの悪い男になっていないのがいい。

Lost in Translation

ラストがいい。"Just Like Honey"
この時のScarlett Johanssonは金髪も地味だし、ぺたんこ靴でラフな格好。ルーズな部屋着がかわいい。
カラオケ店でのピンクのカツラも可愛い。
異国へ行って何にもすることがない時の孤独感がすごいわかる。ベッドの上が一番安心できる。

Mrs. Henderson Presents / ヘンダーソン婦人の贈り物

実話に基づくというのはいい。のめり込みやすくなる。
30~40年の衣装も可愛かった。舞台だからちょっと大げさなくらいに作りこむからまた可愛い。インディアンとかエジプトとか扱うものもわかりやすくて栄えるもの。

Black Kids @ Shibuya CLUB QUATTRO 12/18/2008

アメリカンで楽しかった。
Reggieの声は喋る時もあの声で、びっくり。1回、盛り上がって叫んだときの振り絞った感じがとても良かった。
女の子のパワーがすごかった。二人とも歌が良いし、ノリも良い。ファッションも洗練されてきている。特に印象に残ったのはAli。動きがすごくセクシーで、みんなをひっぱっている感じがした。
男の子はオタク感たっぷりで、時にドラムのKevinは手の振り方が"Freaks & Geeks"に出てくる人だった。最高!
やっぱり一番盛り上がった"Im’ Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You"はミラーボールの演出も良かった。こういう曲があるバンドは良いね。歌ってる本人も嬉しそうだった。

Bang Bang You're Dead / ダイナマイト・グラフィティ

TVドラマとして製作されたものなので、コンパクトにまとまっている感じはした。俳優陣も地味。だけど、ドラマはインパクトがあって、ビデオ映画と劇の物語もはさんで、濃い内容になっている。
主人公を演じたBen Fosterは、演じることに真面目な人という印象。役になりきってる。今回も揺れ動く少年の気持ちになりきって迫真の演技を見せている。ろれつが回らない感じのしゃべり方がギャップがあって良い。熱が入れば入るほど舌足らずになっている。

The Hunting Party

Jesse Eisenbergが大人になった。
"The Squid and the Whale"で有名になって、でも変わらずのキャラクターでいた彼が。今回も初めは頼りない坊ちゃん。だけどRichard Gereに反論したり、作戦を立てたりと活躍して、3人組の1人として立派になっている。
見た目も無精髭を生やしてちょっと大人に。スーツ姿は細身できまっている。
次回作の"Adventureland"はまたいつものキャラクターみたいなので期待。

The Cable Guy

こういうJim Carreyはやっぱり苦手。力技という感じがなじめない。どうしても主人公に味方してしまい、好きになれない。でも若いときは本当にかっこいいと思う。今は違う魅力を備えた。
Matthew Broderickは年をとってこういう頼りない男の役がはまる人に。"The Stepford Wives"とか。
Ben Stillerが監督で、出演もし、Jack Black、Leslie Mann、Owen Wilsonと共演者もFrat Pack組みで豪華。

MGMT @ O-EAST 12/3/2008

生で見られて良かった。
Andrewの綺麗さは本当にハンパなくて完成されていた。そしてあの声が良い。どこから出しているのかという声。お洒落に気を抜いてる感は残念。
Benは不思議な存在感。動きが独特で面白い。気になって見てしまう。大きなサングラスで顔を隠しているのがもったいないけど、それで余計変人さをプラス。変わったデザインのジャケットのボリューム感が良くて、生Benはすごくかっこよかった。Benが喋りだす所があって、スポットライトが当たった時の演出は最高。
新しい曲は1曲の中で曲調が何度も変わりスペクタクル。演奏している本人も楽しそう。
今のMGMTはAndrewとBenのプロジェクトではなくRock Bandだ。

GOLDEN SILVERS @ SHOP ESCALATOR 12/2/2008

インストアのアコースティックライブ。
小さいお店なので人がぎゅうぎゅうずめで、彼らの足元で鑑賞。最高の状況。
マイクなしで声が通る。3人のハーモニーが美しかった。
3人とも背が高く、衣装はばらばら、なんだか見慣れない人たちだった。観客に押されてか、徐々に後退していくのが何だかかわいらしい。
短いセットだったけど、良い雰囲気のもと良い時間がすごせました。

Peter Pan

失敗なしに楽しめる。
Peterの性格がいい。子供、少年、自信家でリーダー、遊び心があって、頼りになるヒーロー。自由に飛び回る動きがすごく滑らかで綺麗だった。
ロスト・ボーイズのコスチュームも好き。
インディアンや人魚、海賊が出てくるところも好き。

Le Scaphandre Et Le Papillon / 潜水服は蝶の夢を見る

Mathieu Amalricがかっこいい。フランス人らしい魅力ある人。やり手のビジネスマン、セクシーな愛人、優しい父親、誇れる息子、いろんな顔を持つ男だからそれぞれの良さが光る。

Mysterious Skin

話がいい。ぐっと来るものがある。そしてこの映画はキャストがいい。みんな個性的でバランスが良い。
Joseph Gordon-Levittはこの映画で本当にいい演技をしている。このキャラクターを魅力あるものにしているのは彼のおかげ。少年らしさとセクシーさを併せ持つ、この時にしか出せない一瞬の奇跡。
Brady Corbetは若いのに落ち着きがあって、安心感がある。役を理解していて、彼には愛される魅力がある。
Michelle Trachtenbergは独自のセンスで生きるお姉さん的存在をキュートに演じている。彼女の顔は印象に残る。
Jeffrey Liconは弟分の個性的なキャラクターを愛嬌ある演技でものにしている。
見た目も性質もバラバラな4人の若いパワーが混ざり合っていい作品になった。子役の子達も物語をファンタジックにするのに一役買っている。

Sonny

James Francoが若さあふれる魅力を十分に発揮している。これはJames Francoのための映画といっても良いくらい。
だけどほかのキャストも良くて、プラチナブロンドに派手な衣装のMena Suvariやこの人のしゃべり方が好きBrenda Blethyn。いい味出してるBrenda Blethynなど。

River's Edge

若いKeanu Reevesがかっこいい。
Ione Skyeは"Say Anything..."とは違ったキャラクターでも魅力的。
若者のファッションがお洒落。チェックのシャツはマストで、女の子は上ルーズで下タイトなシルエットでボーイライクに。男のは革ジャンやGジャンでパンクに。弟はパーカを合わせていてかわいい。

Dick

Kirsten DunstMichelle Williamsがかわいいガールズムービー。ファッションがコスプレの域で見ていて楽しい満足です。音楽も時代を意識していていい。
SNLの脇役人が面白い。

Remember The Daze

若手キャストがたくさん出ていて、それぞれが自分のできることを出し切っている感じで、若い力の結集という作品。学年の終わりの一日を描いた物語で、こういうのは"Dazed and Confused"など以前にもあるが、集団劇として個々のエピソードの絡み合いで物語が成り立っていてそれが一日の出来事としてまとまるから見ごたえがある。この映画ではどちらかといえば女の子の方が魅力的だった。みんなかわいいし。人気者のグループでも、女王様、チアリーダー、はみ出し者、ジャンキーといろんなキャラクターがいた。男の子はラッパーとバンドマン、スケーター、ジャンキー、写真おたくなどとサイドよりが多いのが地味だった所以か。フレッシュマンもでてきてキャストは本当に豊富。こんな人たちが出ていました。金髪が美しいAmber Heard。"Gossip Girls"のLeighton Meester。個性派Melonie Diaz。"Elephant"のJohn Robinson。三枚目Aaron Himelstein。アイメイクが似合っていたMichael Welch

Marie Antoinette

音楽と映像のこだわりが強く、その世界観がかっこいい。キャスティングもうまいし、女の子ムービーとしてもいい仕上がり。ファッションやスイーツなどはパステルカラーで統一されていて、純白の清潔なイメージのつかいかたなど、見た目ですごく楽しめる。少女が女の子になって母になり女性として成長していく物語。

Rocket Science

音楽が映画の雰囲気と合っていて、良い世界観をつくっている。
若手キャストの個性も魅力。
Reece Thompsonは、かっこつけていない自然な演技とキャラクターがよかった。言葉がうまく出てこない様子も不自然じゃなかった。一生懸命なところが共感できてかわいかった。
Anna Kendrickは頭がいいできる生徒というのが似合ってた。ディペートでものすごい勢いでしゃべるところは圧巻。
同じくものすごい勢いでしゃべるのを見せてくれたNicholas D'Agostoは、憧れの男を演じていたけど、隣のお兄さんの様な雰囲気を漂わせている人。フレンドリーで、頼りになる。
お兄ちゃんVincent Piazzaは、なぜかいつも髪が湿ってる。
アジア系の子もほかにも登場し、さらに個性を加えている。

The Girl Next Door

Emile Hirschがアイドルっぽい頃。彼はこの後、"In To The Wild"で名演技を披露する。
Paul Danoとは、"The Emperor's Club"でも競演している。そしてまた、次回作"Taking Woodstock"でも競演となっていて、この世代の代表としてがんばっている。

Dodgeball: A True Underdog Story / ドッジボール

Vince Vaughnが好き。ぐうたらだけど心のある本音はいい人というキャラクターをうまく演じる。感情移入しやすい。顔が怖いし、ガタイもいいのにいい人というギャップがいい。
Joel Mooreの衣装がお洒落だった。カジュアルスポーツウェアのバリエーションが豊富で中にはAmerican Apparelじゃないかって時もあった。すらりとした体型だからこういうお洒落が似合う。SM衣装の時も一番ハードな格好だったし。

Bridget Jones's Diary / ブリジット・ジョーンズの日記

この3人それぞれがはまり役をやっているので、これはキャスティングがうまい。これだけ豪華にできたのも、原作の成功があったから。ヒット作にしようという意気込みが見える。音楽の使い方もうまく、同年代にはたまらないんだろうなと。

Ghostbusters

有名な主題歌とロゴマークだけで満足。

Charlie Bartlett / チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室

Anton Yelchinがいい。気の優しいどっちかというと弱い印象があるのだが、今回は弱いだけでなく、変わり者のおもしろいシーンがたくさんあった。若さがはじけるといった演技もノリこなしていた。ピアノを弾いたり、歌ったり、踊ったり。スマートだけど変わり者という役どころを見事に表現していた。さすが子役出身(宇宙人をやったこともある)。
そしてヒロインのKat Denningsは、いつもながらのクールな娘役でうまい。彼女はだめ父に困るいまどきのクールビューティーといったキャラができている。テレビをつけて、パソコンで音楽を聴き、携帯でテキストを打つという様子がまさに現代っ子で、そういう細かい描写にこだわりが感じられる。
もう一人子役から活動しているMark Rendallは、パニック症に悩む文系オタクという役にぴったりはまっていた。薄っぺらい体型と長い前髪、猫背でおどおどしているところ。みごと役になりきっていた。
パーティーのシーンにはカナダのインディバンドSpiral Beachが登場し、演奏を披露していた。こういったところからも若者のパワーを感じられる作品になっているといえる。現代社会を生きる学生たちに、「君たちはパワーを持っているんだから活動を起こせ」といっているよう。チャーリーはただの子供。だけど行動を起こした。だからみんながついてきた。チェーリーのメッセージはリアルだから響く。

Margot at the Wedding

この監督は会話が重要。自然な演技、ちょっと入り組んだ人間関係。
Flora Crossは間違いのないキャスティングといった感じ。落ち着いていて心配ないんだけど、子供らしく見える。これからどういった方向へ進んでいくのだろう。
Zane Paisも自然体でよかった。

Death in Venice / ベニスに死す

Björn Andrésenが美少年のイメージをつくったといえるのではないか。
白い肌。金髪の緩やかなウェーブ。涼やかな目もと。
ただそこにいるだけでオーラが伝わってくる。いつもは無表情で退屈そうなんだけど、時折見せる笑顔に少年っぽさが垣間見え、そのギャップがいい。ビーチで同年代の子達とじゃれあっている様子はかわいらしい。
歩くだけでグスタフをとりこにさせてしまうなんて。それに説得力を与えたその美しさは完璧。

Snow Angels

ついに見た、Michael Angaranoのインディ映画。彼はこの後ビッグな作品に出るようになる。"Dear Wendy"や"Lords of Dogtown"で見せてくれたいい弟分キャラは、彼に合っていて魅力的だった。今回は大人と子供の間の年頃。年上の女性とのからみもあるし、同い年の女の子との関係もある。年相応といえばそうなのかもしれない。長めの髪が幼い顔つきをさらにかわいく見せている。ピンクのニット帽も似合っていた。寒いところなので、ごつい防寒具を身につけていて、それがまた人形みたいでかわいかった。
Olivia Thirlbyはメガネと黄色いコートが似合っていてかわいかった。彼女の演技はいつも自然で、落ち着きがある。言葉の間に余裕が感じられるから、姉御肌や自身のある女の子の役が合う。
もう一人"Gossip Girl"のConnor Paoloは、少ない登場回数だけど、印象に残るキャラクターだった。Michaelとの相性も良かった。

Can't Buy Me Love

やっぱりこの頃のPatrick Dempseyいい。
あと、この映画はナードたちが個性的でおしゃれというのが見所。
赤毛とパンクとでかメガネ。パーティーでのファッションのはずし具合も最高。
もう一つはずせないのがSeth Green。笑い方がリアルでかわいい。

Say Anything...

Ione Skyeが役にぴったりの完璧な美人で、こんな子はいないよって思うくらい。
89年の作品だけど、ちょっとダサいのはCameron Croweのせい?
唯一目を引くのは、卒業パーティーで酔っ払って、二人に家まで送ってもらった子。髪型が個性的で、顔とキャラクターにもあってる。
ロイドの甥っ子もかわいい。この二人のやり取りは微笑ましい。また、お姉さんとの関係や、親友が女子二人っていうのも、ロイドのいいキャラっぷりを上げている。

Breakfast at Tiffany's / ティファニーで朝食を

これが"Gossip Girl"のブレアがあこがれていたAudrey Hepburnか。
確かにちょっと痩せすぎのようにも思えるけど、スタイリッシュで自由奔放な主人公を熱演していて、それが嫌味にならずハマる存在感、オーラはすごいと感じる。同性に好かれるのは綺麗なだけじゃない魅力があったからなのだろう。

Reign Over Me / 再会の街で

わーい、Adam Sandlerだ。今回はシリアスタイプ。グレーのカーリーヘアーが新鮮。NY人らしさはでてる。iPodやTVゲームを操作しているシーンが実際に映っているのは、こういう大人映画では新鮮。音楽のセンスはやっぱりいい。人柄が出ている。
映画館やチャイニーズ料理屋、クリニックにしても、NYらしい風景がよかった。

Freedom Writers

Patrick Dempseyが出ていることを知り、鑑賞。
本題とは関係ないので途中出てこなくなるが、らしい役を演じていた。
実話というだけあって感動する。主人公の仕事に対する熱意がすごい。好きじゃないと、やる気がないとそこまでできない。いつもかっちりスーツを着ているのも、仕事に対する真面目さがうかがえる。

Maths Class @ LUSH 9/17/2008





Maths Classが日本にやってきた。そのルックスのおかげもあってか、会場入りした彼らは早速ファンに囲まれていた。
ライブはいつもの元気なパフォーマンスを披露してくれた。ヴォーカルが絡み合うところがサイドの二人の静と対照となっていい味を出している。日本のファンも熱心な人ばかりが集まってきたのか、すごく盛り上がっていた。
また彼らが日本に見られる日が来るでしょうか。この貴重な機会をセッティングしてくれた関係者の方に感謝。

The Maccabees @ Offset Festival 8/31/2008





The Maccabees初体験。一番前でもみくちゃにされながらみました。それだけファンのパワーがすごいってことを感じた。みんなどの歌も声を合わせて歌っていたし。日本ではその人気が通じないのが残念。5人のステージ慣れしたパフォーマンスは見ていて安心感があった。特にヴォーカルはオーラがあって、独特な話し方をする。その特異性に惹きつけられた。また、Felixの生き生きとした表情は、本当に楽しんでるというのが伝わってきて良かった。こんな体験はもうできないと思う。

Neils Children @ Offset Festival 8/31/2008





ショー形式で演奏された。もともと世界観がはっきりと作られているバンドだから、その路線がさらに濃い方向へ突き進んでるんだなという感じ。そのせいもあってか、去年とはやっぱり感じが違った。曲も違って聞こえた。もちろんこっちのNeils Childrenも好きです。

Mystery Jets @ Rough Trade East 8/28/2008





Rough Tradeのインストアライブ。短いセットだったけど、アンコールにも応えてくれて、やっぱりいい人。
入場のリストバンドを求めてキッズが列を作り、入れなかった人もいた。曲は"21"からでも、みんな大合唱だった。終わった後にはミニサイン会が開かれ、ファンには楽しいイベントだった。

The Number 23

Logan Lermanは名前が3番目に書かれているのに全然活躍しなかった。息子役なので、話にそんなに関係ないといえばないんだけど。期待してしまったので、ちょっと残念。しかも、13歳という割には大人びていてかっこよすぎる。それは良かったのだろうか。どう考えてもJim Carreyの息子には見えない。そんなに重要な役ではないし、見た目だけで、もっとかわいらしい、いかにも愛される息子という子を選んでも良かったと思う。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...